我流流・我流への道
BACK

- Vol.1285 -
[「………」](2011/03/17(Thu.) 23:46)

消息情報サイトを日に何度となく開ける
もう一人の従姉妹の情報を探す…
時間の経過が怖ろしい
死者行方不明者の数…心臓が痛い

あたしの田舎…毎年 釜石に行くのが“夏休み”だった
あたしの絵日記は釜石で溢れていた
そして浜町魚市場は想い出の場所
その港を船を家々を破壊しながら黒々とした海水が巨大津波となって浜町を襲い壊滅させた

聞いた話だが母の友人は避難場所の高台からこの恐ろしい様子をただただ見ているしかなかった
そして
ふと我に帰り
「あああああ 浜町が消えたーーー」
と叫んだらしい

哀しい話だ




息子の様子がおかしい
TVの映像は観せていない
人に寄っては幼い子供に悲惨な映像を観せて自分達がいかに平和に暮らせて有難いかを教える親が居るらしいがあたしは断固反対だ

ただならぬ事態に幼いながら何かを感じ取っている様子だ
余震の度に息子が起きる
あたしから一時も離れようとしない


原発事故…
放射能漏れ…
米が水が牛乳がパンが納豆が豆腐が店から消えた

亡くなった人達の分まで強く生きなきゃならない
あたしは息子を守らなければならない

あたしは自分の出来ることを やる





BACK
美菜呼 with GG